好きと言わずに告白する

いろいろな告白の仕方がありますが、ストレートに「好きだ!」という告白の方法で伝えると、女性もはっきり答えないといけなくなりますね。
そうなるとプレッシャーで迷いがでてると断られてしまいます。
その後には、二人の関係がギクシャクしたものになるかもしれません。
正面から告白をして振られても、良い方向になることもありますが、他の少し違う無難なテクニックとして、さりげなく伝えるプチ告白の方法があります。
この告白というのは、簡単に言えば、はっきりとした告白ではない告白なんですね。
普通に不倫する場合の「好きだ!」という一歩手前の言葉を相手に言うのです。
たとえば、「あなたのそういう所が好きです。
もし私があなたの彼氏なら絶対別れません。」とか、「私は、あなたのような人と結婚したいです。」という、第三者的な告白です。
正真正面からのストレートな告白ではないです。
本人に好きという一歩手前です。
けれど、本人の気持ちを表現しています。
この方法なら言葉もセリフも決して告白をしていないので女性心理としても重くはないです。
気持ちがなければ冗談半分で受け流すこともできます。
直接ではないので、女性がキュンとする誘いとは違いますが、その後二人の関係がギクシャクする心配もありません。
女性によっては、「わたしに好意をもっているのかしら?」と気がついてくれるでしょう。
女心としても本人に対して告白されたわけではないですが、告白をされたような気分になり嬉しくなるものです。
この小さな独り言のような告白から二人の関係がよくなることもあります。
そうするとお付き合いに発展しやすくもなります。
大切なことは、このプチ告白を言うタイミングは明るく、笑顔でサラッと言います。
さりげなくですが、しっかりと聞こえるトーンで言います。
このような理由からもプチ告白が大変に有効なのです。
他にも告白とは違いますが、好きな人に対して食事を誘ったり、映画を誘うことも、小さな告白みたいなものです。
どうしてかというと、誘うことは、好意を持っている人にしかしない行動だからです。

自分の性格が好きですか?

自分の性格が好きですかと質問されたとしたらどうやって答えますか。
自信満々に自分の性格が大好きと答える方もいらっしゃるかもしれません。
どんな人にでも性格に良い点、悪い点があると思うのです。
幼い頃は自分の性格について良い点も悪い点もよくわからないかもしれません。
しかしある程度年齢を重ねてくると自分の性格のいいところ、悪いところも段々とわかってくると思います。
具体的に自分の性格のどういったところが皆さん好きなのでしょうか。
あまり自分の性格について詳しく分析したりする機会もないかと思います。
いきなりそんな質問をされても即答できる人のほうが案外少ないのではないでしょうか。
日本人とは自分を過小評価して表現する傾向が強いと思いませんか。
あまり自分のことを良くいったり、自慢したりすることは決して周りによい印象を与えないことが多いからだと思います。
誰かから自分のことをほめられたとしても謙遜してしまう方がほとんどだと思います。
ですから自分の性格の好きなところをあげるのは自分の性格の嫌いなところをあげるよりも難しいと考える方が多いのではないでしょうか。
しかし、自分の性格の良い点をアピールできないと困るときだってあるのです。
例えば就職活動のときではないでしょうか。
私自身も今まで自分の性格について詳しく分析することが殆どありませんでした。
そこで困ったのが就職活動のときです。
何とか自分の性格の好きなところ、アピールできる点を探そうと思っても今まで自分の性格とじっくりと向き合ったことがないので思っていた以上に難しいのです。
しかし自分の性格についてしっかりとアピールできなければいつまでたっても企業に採用されるのは難しくなってきます。
そこで就職活動の一環として自己分析をして自分の性格の良い点と悪い点について分析するのだと思います。
自分の性格の良い点について自分でわからないときは家族に聞くといいかもしれません。

成功するデートの誘い方

成功するデートの誘い方って知っていますか?
好きな人や気になる人にデートに誘う場合に、上手くいく場合と失敗をする場合があります。
まずは第一にデートに誘う場合の前提として、気になる人と、あるいは好きな人との関係が友達以上であることが必要になります。
先に、最低でも友達関係状態を満たしていないとデートに誘っても成功はしません。
女性心理として警戒心がありますから、親しくない人や、あまり知らない人には、恐いという感情を持っていますからです。
誰でも自分が怖いと思う人とは、デートに行きたいとは思わないでしょう。
まずは、ターゲットになる人と友達関係になっておくことが大切です。
例えば失敗してしまうデートの誘い方ですが、まだ、好きな人があなたに好意の気持ちがない場合は、失敗をしてしまうことが多いです。「今度、デートしようよ。」とか、「今度、食事に行こうね。」とか、「良かったら、食事にいかない?」など…、このような誘い方をしても失敗をしやすいのです。
いったい何処が悪いのでしょうか?
理由としては、どれも具体的に誘っていないからなのです。
まだ、相手の女性はあなたに興味を示していない状態ですから、できるだけ女性が興味をもつような誘い方をする必要があります。
では、成功しやすいデートの誘い方とは、どんな感じでしょうか。
コツとしては、具体的に誘うことなんです。
「今週の日曜日、ハンバーグ店が新しくできたから、一緒に食べに行かない?」とか、「次の休みに巨人阪神戦のチケットがやっと手に入ったから、一緒に行こうよ!」という感じで誘います。
必ず日時や、場所や、目的などをハッキリと決めてから誘うことが大切です。
グルメ好きな女性であれば、新しいお店に興味があるでしょうし、スポーツに興味があれば観戦したいと思うでしょうから、女性がキュンとする誘いとはいかなくても、女性は誘いに対して、興味があることを提案することでOKがだしやすいという心理なのです。
まずは、彼女の興味があることを聞き出してデートに誘ってみましょう。
この誘い方であればデートも成功しやすいと思われるでしょう。
少しは何らかの手応えがあるでしょうか?

性格はいつ決まるの?

性格とは一体どうやって決まるのか気になりませんか。
性格とは生まれつきもった性質なのでしょうか、それとも発達していく段階で性格が形成されていくものなのでしょうか。
性格が一体どのように作られているのか気になるので調べてみることにしました。
まずは赤ちゃんの性格についてのことです。
人間は誰しもが赤ちゃんとして産まれてきます。
赤ちゃんとして産まれたその日からある程度性格って決まっているのか不思議に思いませんか。
赤ちゃんでも一人ひとり個性があるのです。
同じ赤ちゃんでもずっと抱っこしていないとすぐに大泣きしてしまうようなちょっと神経質な赤ちゃんもいます。
またその逆にどんなに周りが騒がしくてもそれを気にせずにぐっすり眠っているようなおおらかな赤ちゃんもいます。
これって赤ちゃんがうまれもった性格と関係あるのでしょうか。
産まれながらの赤ちゃんの性質が一人ひとり違うことに関しては胎児のときの影響もあるのではないでしょうか。
胎教という言葉を聞いたことがありませんか。
胎教とは赤ちゃんがお腹にいるときから、教育をするということと思っています。
教育とは行っても勉強を教えるわけではありません。
胎児のうちから英語で話しかけたりしているご両親も中にはいらっしゃいますが。
胎教としてクラシック音楽を聞かせておくと胎児に良い影響を与えるというのを聞いたことがありませんか。
またお母さんが妊娠中んいイライラした気持ちでいたりストレスを感じることがが多いとそれが赤ちゃんにも伝わってしまって性格の形成に影響を与えるとも聞いたことがあると思っています。
やはり周りから受ける影響が性格を形成していくのに大きな影響を与えるのでしょうか。
しかし実際のところ、専門家でも性格がいつ頃形成されるのかという質問には答えにくいようです。
大人になってから性格が変わる方もいますし、一概にいつ頃までに性格が形成されるのかとは難しい問題のようなのです。

既婚者ですが好きな人がいます

私は現在35歳で専業主婦をしています。
友達の紹介で今の旦那と出会ったのですが、ごくごく平凡で仲良く生活しています。
しかし、半年前意外にも旦那の浮気が発覚しました。
すぐに別れたので、まぁこれも仕方ない・・・と思い許すことに。
しかし、旦那を信用できなくなり、愛情も冷めているような感じになっています。
もう一度ちゃんと好きになろうとも思いますが、なかなか難しいものです。
別れたいとは思いませんが、好きではない・・・という感じです。
そんな時、ふと思い出したのが元彼です。
楽しかったときのことや、付き合っていたときのことを思い出しました。
すると、少し会いたい気持ちが出てきてしまって、分かれてから連絡もとっていないのにメールをしてしまいました。
どうせエラーで返ってくると思ったのですが、意外にも届いてしまいました。
返事は期待していなかったのですが、翌日彼からメールが来ました。
それから彼とメール交換をする日々が始まりました。
彼はバツイチになっていて、現在彼女はいないそうです。
私は旦那の愚痴をこぼしていたら、「仕返しで浮気でもする?」と言っていました。
もちろん冗談めいて言っていたのですが、私が本気でそう思っていたらどうする?と聞いてみました。
当然彼は戸惑っていましたが、本気で考えているなら付き合ってあげると言われました。
結局、話はトントン拍子に進み、体の関係になるまでには時間はかかりませんでした。
旦那へ・・・というよりも彼への思いの方が強かったんです。
今でも不倫関係に有り、旦那よりも彼の方が好きです。
何に関しても彼の方が良いですし・・・しかし、この先どうなるのかはわかりません。
とにかく今は彼に会っている時が幸せです。
この幸せがずっと続いて欲しいと思っています。

女性に行きたいと言わせるテク

二人で食事などをすることはあっても、それ以上のプライベートでのデートがなかなか誘えないというような人もいることでしょう。
やはり段階的に関係を築いていくためには常に次のステップへ進むことを考えていくようにしなければなりません。
今の段階を上手に利用して次につなげていくということがとても重要になってきますから、この点については良く心得ておくようにしてください。
さりげなく、なおかつ女性をキュンとさせつつデートに誘い出すためには、会話の中で自分の経験談を持ち出してお誘いをしてみることがおすすめです。
例えば、こんなものを観た、あんなところへ行ってみたいというような話しをしながら、さりげなくそのうち一緒に行ってみたいねなどという誘い方をしてみましょう。
女性というのはやはり男性にどこか少年ぽい純粋さを求めていますので、ピュアな気持ちで一緒に行きたいということを伝えればキュンとしてしまうことは間違いありません。
きっと楽しいだろうなあなどといった夢を膨らませて話をしてみれば、女性も乗り気になってくれることは間違いないでしょう。
女性をデートに誘う場合には、男性からさりげなく、積極的に誘っていくということが大切になります。
男性が君と一緒に行ってみたいんだというアプローチをすれば必ず何かしらの返答は返してくれますので、断られることを恐れずにアタックをしていくことをおすすめします。
ただ、その際に気をつけなければならないことというのが、過去の女性と行った場所へのお誘いをしないということです。
昔の女性との思い出がある場所に行きたい女性というのはまずいませんので、この点には充分注意をしましょう。
下手をすればキュンとするどころか女性が怒り出してしまうこともありますから、そうなれば大変なことです。
女性をお誘いする場合には、充分な配慮をし、また気負いさせないでアプローチをしていくということがとても大切になってくるといえます。