意外と難しいアンダーヘアの処理

shutterstock_202758643 (1)無駄毛の処理はエチケットと考えている方も多いことでしょう。
自宅でも処理しやすいグッズなども販売されるようになりましたし、低価格でサロンで脱毛も行いやすくなりました。
さまざまな無駄毛の悩みがあるかと思いますが、アンダーヘアについての処理に困っているという方もいらっしゃるでしょう。
Vラインなどデリケートな部位ですから、難しいと感じることもあるかもしれません。
そこで、今回はアンダーヘアの処理について考えていきましょう。

アンダーヘアの処理について

なぜアンダーヘアを処理するのか。そんな理由についてまずは考えていきましょう。
個々によって理由があるかとは思いますが、以下のような意見が多いようです。

・Vラインなど無駄毛が見えてしまうことが恥ずかしい
・月経時などの不快感や衛生面を考えて
・パートナーにたいしてネガティブなイメージを抱かれないため

などというものがあります。
女性的ない県も中にはありますが、男性にも共通する意見も見てとれます。

アンダーへアノ処理意識の違い

以前において、日本ではアンダーヘアの処理意識というものは低いと考えられていました。
ワキや手足の無駄毛はしっかりと処理をしていてもVラインは手付かずなどという方もいらっしゃったようです。
一方、欧米などではアンダーラインの処理は一般的なものとなっていて、意識をしている方も多いのです。

しかしながら、その意識は日本に浸透しつつあります。
現代においては、Vラインの処理をしているという日本人も増えたのです。

アンダーへアのお手入れ方法について

では、どのような無駄毛処理をしているのでしょうか。
まずは「自己処理」です。
カミソリを使ったり、家庭用脱毛器でもVラインに対応しているものもありますので自宅で処理をしているという方も多いでしょう。
こまめなお手入れが必要となったり、満足できる状態に仕上げるのは難しいというデメリットはありますが、手軽に思い立ったらすぐに処理が出来るというメリットはあるでしょう。

そして、脱毛サロンなどで処理をするという方も増えています。
お手軽な利用料金で処理をしやすくなったという事もありますし、男性専用・女性専用サロンなども出てきましたので通いやすくなったという背景もあるでしょう。
仕上がりの満足度が高く、自己処理の手間がなくなる・いつでもベストな状態をキープできるなどのメリットも考えられます。

脱毛へのアプローチ

Vラインを含めIライン・Oラインを綺麗に仕上げるという方もいらっしゃれば、全て無い状態だと恥ずかしいという方までさまざまです。

これに対応するように、サロンなどにおいてはアンダーへアの「デザイン」を選べるというのもスタンダードになりつつあるのです。
温泉に出かけたときに周りの目が気になるなどという方においては、一部分を残して処理をするということもあるようです。

自己処理をするにしても、一部分を残して処理をしているという声も多いのです。

アンダーヘア処理の難しさ

特に自己処理をする際にはその難しさを感じることもあるでしょう。
カミソリを使うことで肌をいためてしまったり、見えにくい部分ですので怖いという感覚があるかもしれません。

こうした悩みに対応するように、市販のグッズでもアンダーヘア専用というものも見られるようになりました。
細かな部分でも処理しやすい形状になっていたり、極力肌を傷めないような成分が含まれていたりなどというものもあるのです。
アンダーヘア専用製品を取り入れることによって、より安心感をもって処理していただけることでしょう。

プロに任せるというスタンス

それでもやはり自己処理は難しい。
そのように考えられる場合は、プロにお願いをするというのが良いかと思います。
処理をしてもらうことに恥ずかしさを抱くという方もいらっしゃるかもしれませんが、最大限の対処をしてくれますし同じ施術者にお願いすることによって恥ずかしさも緩和されることと思います。
実際にアンダーヘアをサロンで処理しているという方も増えています。

中には、アンダーヘア専門の脱毛サロンなども見られますので、デリケートゾーンだけを脱毛したいと希望される方は利用してみるのも良い方法かもしれません。

良い点はたくさんある

アンダーヘアを処理することで、清潔な環境を保ちやすくしたり、さまざまなオシャレ幅が広がるといった良い点がたくさんあるのです。
ですから、自分自身が満足できる・快適に取り入れられる方法を用いて処理をしていくというのはよいことといえるのです。

難しいからこそ気になる部分

Vラインのお手入れは難しいと感じる方も多いことがお分かりいただけたかと思います。
難しいからこそ「しっかりと仕上げたい」ともまた思うものではないでしょうか。
今では、そうした難しさに対応できる手段がいくつかありますので、取り入れてみるとスムーズになることでしょう。
ぜひともピッタリの処理方法を見つけてみてください。