ハサミだけでアンダーヘアの処理をするのは非常に難しい

アンダーヘアを自ら処理をしているという方もいらっしゃるでしょう。
そして、中には一部分を残して処理をしているという場合もあるのではないでしょうか。
自分自身で行うという場合、満足に行かなかったですとか、想像していたものと違った状態になってしまうということもあるようです。
そこで、今回はアンダーへアのお手入れについて考えていきましょう。

■ハサミを使っていませんか?

まずはじめに、どのように処理をしているでしょうか。
ハサミを使って形を整えているという声も多いのではないでしょうか。
結果からいえば、アンダーヘアのお手入れにハサミを使用することはあまりおすすめできません。

理由についてですが、髪の毛と同じように考えていただくと分かりやすいかと思います。
例えば、髪の毛を切りたいという場合、ハサミでざくざくと切ってしまうことはまずないでしょう。
アンダーヘアもそれと同じなのです。
適当に切るのではなく、「どのように仕上げたいか」を想像してみてください。

■デザインについて

デザインはどのようにするかという事については、すぐにイメージが沸かないかもしれません。
何となくで構いませんのでイメージしてみてください。
このイメージをあらかじめ持っておくことでスムーズにそして理想のデザインへと近づけていただきやすいのです。

そしてデザインが決まったら実際の処理を進めていきます。

■具体的な切り方について

処理についてですが、Vライン・Iライン・Oラインという順番で進めていくと整えやすいでしょう。
ここでハサミを使っていただきます。
ポイントとしては「両端は短めに・中央は長めに」という意識をおいていただきますと綺麗に仕上がります。

また、この際に鏡で見ながら切るような環境を整えることもおすすめです。
肌を切ったりと怪我をしないためにもそして作業を進めやすくするためにも鏡を使いましょう。

長さの調整ですが、長すぎると感じたものに関しては少しずつ短くカットしていきましょう。
個人差はありますが全体的に「切りそろえる」というスタンスをおすすめしたいと思います。

■ちょっとしたポイントで綺麗に仕上がる

ハサミでざくざくと切るのではなく、ちょっとしたポイントを抑えていただくだけでその仕上がりに差ができるものです。
一度デザインを作ってしまえば、その後の処理も綺麗に維持できるかと思いますので実践してみてはいかがでしょうか。
どうしても難しいという方の場合は、サロンなどを利用していただくのも1つの手段でしょう。

関連記事