私がやっている具体的な処理方法を解説

Vラインを綺麗に処理をしたい・自分で処理をしたいという場合、思うように進まないという方も多いのではないでしょうか。
サロンなどを活用するという手段もありますが、ここでは自らが処理をするという点に注目して、その処理方法を考えていきたいと思います。

■デザインを決めて長さを整える

まずはデザインです。
全て処理をするという場合で無い限り「どのように残すのか」という事を考えておいたほうが良いでしょう。
一般的には「逆三角」が多いようです。

そして決まったらまずは長さを整えていきましょう。
見ていただくとお分かりかと思いますが、延びている部分も多いのです。
ヒートカッターなどを使って整えていただくと、チクチクとした不愉快な感覚なく切りそろえていただけると思います。

■余分な部分を剃っていく

目立っている余分な無駄毛を剃っていきます。
カミソリを使っていただくと良いでしょう。
細かな部分ではなくVラインなどを中心に処理していきましょう。
女性用のアンダーヘア専用かみそりも売られていますが、男性用のT字カミソリでも構いません。

■細かな部分を処理していこう

IラインやOラインといった部分を処理していきます。
細かな部分専用のかみそりも売られてはいるものの、自分自身で処理をするとなると肌を傷つけてしまう可能性もあるので、電気シェーバーを使うのもおすすめです。
電気シェーバーも女性のアンダーヘア専用というものが売られていますので快適に処理が出来るでしょう。

とはいえ、綺麗に剃りすぎてしまうとこまめにお手入れをしてそれを「キープ」しなくてはちくちくして痒いなどという事が出てきてしまいます。
ですから、細かなお手入れが出来ないという場合には5ミリ程度の長さを残した状態で剃っていくのが良いかと思います。

■最終確認をしよう

ウエットティッシュや濡れタオルでそっと拭いて仕上がりを確認しましょう。
そり残しなどがあれば、この段階で修正をしていきます。
なお、お肌が弱いなどという方はウエットティッシュの成分に負けてしまうということも考えられますので、赤ちゃんのお尻拭きを利用するのも良いかもしれません。

■丁寧に行うのがポイント

ざくざくと切るのではなく、ある程度の段階を経て処理していただくのがおすすめとなっています。
時間がかかる・面倒棚度という方においては、サロンを利用してプロに処理をしてもらうというのが良いかもしれません。
ドラッグストアにも売られている用具だけで仕上げることもまた可能ですので覚えておくと良いでしょう。

関連記事