難しいIラインのセルフ処理

アンダーヘアを自ら処理しているという方も多いでしょう。
こまめなお手入れが必要とはなってくるものの、手軽に行うことができますし、セルフのケアグッズも売られることも多くなってきました。
しかし、お手入れをしている方であればお分かりかと思いますがIラインの処理は難しいものともいえるのです。
今回はそんなIラインの処理について考えていきましょう。

■理想のIラインとは

Vラインの場合、デザイン性を考えて形を作るですとか逆に全て処理をするなどさまざまでしょう。
ではIラインの場合はどうなのでしょうか。

答えからいえば、できれば無駄毛がないほうが良いといえるでしょう。
衛生面から考えてもそうですし、無駄毛が生えていることによって「臭い」の問題も出にくくなるのです。

■Iラインの処理方法

具体的な処理方法についても見ておきましょう。
今では、アンダーライン専用のかみそりも売られています。
細かな部分まで処理しやすいので取り入れてみるのも良いかもしれません。
カミソリタイプの場合、肌を傷つけてしまう可能性もあります。
Iラインは非常にデリケートとなっていますので、事前に石鹸やボディーソープなどですべりをよくしていただくことをおすすめします。
そして、鏡で見ながら処理できる環境も作るようにしておきましょう。

■Iラインの内側について

Iラインも外側ばかりではなく内側に生えているという場合もあるでしょう。
実際に内側の処理に戸惑われた方も多いのではないでしょうか。
先に、無いほうが良いと記しましたがその通りに処理をしていただいても構いません。
しかし、こまめに剃っていかないとすぐに生えてチクチクとしてしまいがちでもあります。
自分ばかりではなくパートナーにその不快感を与えてしまう可能性もまたありますので、ぎりぎりまで短くするという方法も取り入れてみるのも良いかと思います。
その際、ヒートカッターがあると非常に便利です。
肌を傷つける可能性も低くなりますし、手軽に揃えていただくこともできるでしょう。
お手ごろな価格で販売されていますので購入しておくのもおすすめです。

■自ら処理が難しい場合はサロン利用も良い

今回は、自らがIラインを処理するというところを中心にみていきました。
難しくデリケートな部分ですから、丁寧に進めていくように心がけましょう。
もし、どうしても難しいという場合にはサロンを利用するというのもまた方法の1つとした覚えておくと安心です。

関連記事