赤みのあるニキビ跡は自宅で治せる!

ニキビが治ったと思ってひと安心したのに、ニキビがあったところに赤みのあるニキビ跡が残ってしまった、と言うケースは赤みのあるニキビ跡が出来たということになります。
その赤みからずっと治らないような気がして不安になりますが、ニキビ跡はケアを地道に続けて行けば改善することができます。

赤みのあるニキビ跡はニキビ跡の中でも比較的軽症だと言われていて、改善出来ると言う説も多くあります。
赤みのあるニキビ跡は皮膚科などを受診しなくても治すことができると言われています。

赤みのあるニキビ跡の出来る場所とは

赤みのあるニキビ跡は皮膚の表面か、比較的浅い部分に出来ると言われています。
クレーター状のニキビ跡に比べると皮膚の浅い部分に出来る軽症のニキビ跡です。
そのため、普段のスキンケアをしていたら自然と目立たなくなることもありますが、出来れば自宅でのスキンケアにひと工夫をして積極的にケアする方が良いです。

ととのうみすととかもおすすですよ。

自宅でケア出来る赤みのあるニキビ跡のケア方法とは?

自宅でケアするには、何と言っても保湿が肝心です。
保湿をすることで、肌は柔らかさや肌本来の機能を徐々に取り戻すようになり、ターンオーバーも正常に行われるようになっていきます。

肌のターンオーバーが正常に行われるようになると肌の表面にある余分な皮脂や古い角質は自然と28日程度のサイクルで新しい皮膚へと生まれ変わっていき、徐々に赤みのあるニキビ跡も改善へと向かいます。

ニキビ跡ケアをするならニキビ跡専用またはニキビ専用のケア用品を使う

ニキビ跡のケアをするときは、ニキビ跡やニキビ専用のケア用品を使うことがおすすめです。
これらのケア用品は通常の化粧品にプラス、ニキビの原因になるアクネ菌の増殖を抑える効果がある成分や、ターンオーバーを促す成分が配合されています。

さらに肌に保湿成分が行き届きやすいように、誘導型の化粧水などもあります。
誘導型の化粧水を使えば、それ以降のミルクやクリームなどの美容成分も浸透しやすくなるので、より効果的に肌を元気にすることができます。

ツルツルの肌を取り戻すために

ニキビ跡の原因はどんな原因があるのか、赤みの原因は何なのかを正しく知り、それに効果的なケア方法を実践することが必要です。
ニキビの炎症を抑え、肌を清潔に保ち、アクネ菌の繁殖を防ぐ効果のあるケア用品なら、自宅でも十分にニキビ跡のケアが出来ますから、チャレンジする価値があると言えます

またわらびはだでイボを改善するのもいいですよ。

関連記事