なぜ中年太りになるの?どうすれば中年太りが解消できるの?

30代後半から40代ともなると、だんだんと若いころと体型が変化して太ってしまう女性も少なくありません。
一方、ほとんど体型の変化のないという羨ましい人もいますが、この違いはどこから生じるのでしょうか。

なぜ中年太りになるのか

女性の中年太りの原因は「女性ホルモンの量」に関係しているとされています。
中年といわれる年齢になると、将来的な閉経にむけて女性のホルモンの分泌量が徐々に減ってきます。
女性ホルモン自体は、そもそも脂肪合成を促す働きがあります。
若いころであれば太ももやヒップを中心として出産に備えて脂肪がつくのですが、中年になって女性ホルモンが減ると腹部を中心に脂肪がつくようになるのです。
肥満は食べ過ぎや運動不足が原因とされますが、中年太りは女性ホルモン量が減少するのも理由のひとつなのです。
もちろん食べ過ぎや運動不足であれば、肥満はさらに加速するのは当然です。

ミューノアージュ アットコスメをチェックしてみましょう。

中年太りを解消する方法

では中年になって女性ホルモンが減少するのが原因で太るのならならどうしようもない仕方ないと諦めてしまう人もいるかもしれません。
しかし、若いころのスタイルを維持している人も少なくないのですから、中年太りを解消する方法はあるはずです。
その方法のひとつが、食生活を改めるというものです。
中年太りを解消する場合の食事内容とは、基本的に糖質の摂取量を減らすことです。
ごはんなら1/2膳、パンなら6枚切りが1枚を目安にして主食の糖分を控えめにし主菜や副菜はしっかり食べ、食物繊維の豊富な食材も積極的に摂りましょう。
アルコールも糖質が高いのでなるべく減らしたほうがいいのですが、どうしても…という場合は糖質オフや少ないものを選びましょう。

次に、有酸素運動をしましょう。
運動することで食べた分のカロリーを消費できます。
ただ、これまであまり運動をしたことのなかった人が急に運動を始めると身体に負担が掛かりますし、長続きしません。
まずはウォーキングや水泳など身体に負担の少ない有酸素運動がおすすめです。
それに慣れてから、インナーマッスルを鍛える運動をするといいでしょう。
インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝量が増え脂肪燃焼効果がアップします。

ダイエットサプリに頼るのも悪くありませんが、サプリメントはあくまでも「サポート」するものであると認識しましょう。

app-cフラセラム たるみにも効果があるかチェック。